風俗求人における保証金の存在

一般的な仕事であれば時給や日給、月給が設定されており、働いた時間に対して給料が支払われます。しかし、デリヘルをはじめとする風俗店は歩合制となっており、お客さんが付かなかったら給料はゼロになってしまうのです。せっかく給料が魅力的なデリヘルの仕事も、出勤しても収入がゼロの可能性があるとなったら不安になってしまうでしょう。そのため、デリヘルによっては最低日給保証制度を設けている場合があります。

風俗求人を見ていると「最低日給○万円保証します」などの謳い文句を目にしますが、これが最低日給保証と呼ばれるもので、仮にお客さんが付かなかったとしても最低限の日給を保証してくれるというシステムです。最低日給保証があれば収入ゼロということがありません。特に早急に現金を用意したい方にとっては、安心できる制度と言えるでしょう。

稼げないデリヘルはすぐに女性が辞めてしまうので、スタッフは少しでも女性に稼いでもらおうと考えています。基本的にデリヘル店は、お客さんがゼロになりそうな女性キャストがいたら、フリー客を付けるというようにしています。デリヘルで女性を指名するのであれば指名料を払わなければなりません。しかし、中には少しでも安く早くプレイをしたいお客さんもおり、指名無しのフリーという遊び方をしますが、このフリー客を付けてくれるのです。

その上で、最低日給保証があればより安心出来ますので、こちらではその制度について解説いたします。さらに、最低日給保証をもらうには条件がありますので、条件についても解説します。